2024-07

市政

一般質問のポイント(4):特別支援学校の設置のために文書で県への要望を

先月の一般質問の振り返り、4回目は特別支援学校に関する質疑について報告します。 習志野市には、千葉県立の特別支援学校小学部があり、61名の児童が通学しています。一方、中学部、そして、高等部は市内に存在しないため、中学や高校でも特別支援...
地域社会

自分たちの街は自分たちで育て、楽しみ、そして未来を創る

市議活動だけでなく、町内会活動や地元ボランティア等を通じて、しみじみ、他人任せ、行政任せではなく、 自分たちの住んでいる地域は、自分たちで育て、楽しみ、そして、未来を創る という考え方が大事だと思っています。 もちろん、住...
市政

一般質問のポイント(3):学習教材等の共用品化の更なる推進のために

一般質問を振り返ってそのポイントを紹介するブログ記事、3回目は、学習教材等の共用品化についてご紹介します。 この課題については、市議になって以来、毎回の議会で議論を粘り強く続けてきました。その成果もあって、今年度から予算が新規に追加さ...
市政

一般質問のポイント(2):谷津干潟の魅力向上の好機!

先月に行った一般質問を振り返る記事、第2弾です。今回は、オービック・シーガルズの練習場ができて盛り上がりつつある谷津干潟周辺の魅力向上に関する議論を紹介します。 ご存じの方も多い方と思いますが、今、アメリカンフットボールチームのオービ...
市政

一般質問のポイント(1):志と特色のある基本構想を!

先月の議会で行った一般質問について、そのポイントを共有させていただきます。まず、一つ目の質問、「基本構想」について報告します。 基本構想は、多くの自治体が作成しているもので、自治体における基本政策といえる文書となります。習志野市では、...
市政

習志野市政、「完全無所属」の強み

以前、「無所属で何ができるのか」というブログ記事を書きました。この記事を書いてから7カ月程の時間が経過しましたが、改めて、「完全無所属」の強みを感じる今日この頃です。 まず、しがらみが一切ないため、正々堂々と「習志野の街はこうあるべき...
街創り

まちづくり、部分最適ではなく、全体最適を

まちづくりに関する主張の一つとして、「総合性を大事にしていきましょう!」と常々訴えています。 個々の施設の改修も大事ですが、街全体を見渡して、どういう街にしていくかという視点は不可欠です。 例えば、秋津地域では、今後、消防署(出...
街創り

まちづくりにおける法律との向き合い方

まちづくりを進めるうえで必ず向き合うものの一つは、法律です。都市計画法、都市公園法、建築基準法、道路交通法等、様々な法律に適合しているかどうか、事業を進める際には精査する必要があります。 一方、法律は何のためにあるのか、と考えると、そ...
地域社会

東京都知事選挙の結果、3つのポイント

東京都知事選挙、結果は現職の圧勝でした。 東京都も地方自治体なので地方議員としてこの選挙に注目していました。今回の選挙とその結果には3つのポイントがあると捉えています。 1.「現状維持」の選択 現職が圧倒的に勝利したという...
街創り

習志野シティFCの試合を通して感じた、言動に魂を込める大事さ

今日は諸々用事が重なってしまい、後半から習志野シティFCの試合を観戦。場所はホーム、秋津サッカー場。 後半にゴールを許して苦しい展開になりましたが、残りわずかとなった時間帯に、滑らかなパス回しから決勝ゴール!ゴールも素晴らしか...
歴史

イギリス総選挙で考える、選挙の意義

英国での総選挙は、与党・保守党が大敗し、14年ぶりの政権交代となりました。 選挙の大きな意義として、「今の政治でいいのか、変えていくのか」という2択のどちらがよいか、民意が示されるという点があります。与党が負ける、野党が勝つ、このいず...
市政

行政学からの学び:公共サービスの担い手

社会人になって8年目の夏、米国のシラキュース大学行政大学院に留学しました。それまでの業務経験、特に、アフガニスタン駐在時の気づきを踏まえて、「行政学を学びたい!」と考えてその発祥の地である米国に向かいました。 1年間という留学期間でし...
街創り

バックキャスティングの大事さ、30年あれば大きな夢も叶えることができる

昨日は、過去30年間における男子サッカー日本代表の躍進を例に、チャレンジの大切さを主張しました。改めて、政治もまちづくりも同じだと思います。 そして、私は、バックキャスティング(Backcasting)という思考方式が大事だと色々な場...
市政

新札発行、事を処してパイオニアたれ

今日、お札のデザインが変更されて発行されました。 渋沢氏、津田氏、北里氏の残した言葉が様々なメディアで報じられていましたが、私は、北里氏の、 「事を処してパイオニアたれ。人に交わって恩を思え。そして叡智をもって実学の人として、不...
街創り

習志野市政、1年先、10年先、そして100年先を見据えて

選挙で主張した政策の実現、そして、個別にいただくご要望(現時点で156件)への対応で、文字どおり日々走り回りながら活動しています。 一方、常に意識していることは長期的な視点での成果、そして、まちづくりのビジョンを意識すること、です。 ...
自然

習志野市、ワクワクする茜浜を!

最近は、新習志野駅周辺の「第2のまちびらき」を!と各方面で主張しています。そして、その駅の南側に広がる、茜浜という海辺。ここは、新習志野駅周辺と同じぐらい、いや、それ以上に可能性が溢れています。 市議になる前から私は「茜浜をワクワクす...
タイトルとURLをコピーしました